MENU

BLOG

ブログ

手術後の長引く痛みについて

お知らせ

浜松市にあります寺田痛みのクリニックに勤務しています理学療法士の佐久間です。

私は普段、肩や腰に痛みを抱えている方のリハビリや、

医学に基づいたトレーニングジムHUBにて

一人一人の目標にあわせたパーソナルトレーニングを担当しております。

 

当院の理学療法士は、

聖隷クリストファー大学大学院にて『痛みと運動療法に関する研究』を行う

運動療法の専門家です。

このブログでは、痛みと運動の関係について分かりやすくお伝えしています。

 

今回は,手術後の長引く痛みについてです.

 

手術後の長引く痛みのことを,専門的な用語で『遷延性術後疼痛』といいます.

 

これは,手術の部位や方法に限らず起きる現象で,痛みがなかなか治らず,長く続く状態となります.

 

このような状態が続いてしまうと,手術した患部を動かすことが嫌になったり,ためらったりします.

 

局所的な部分(痛みのある部分)から始まり,全身を動かさない状況が続くと,身体の筋力が低下したり,関節が硬くなることで,二次的に痛みの生じやすい身体になってしまいます.

 

急性期の病院で手術後からすぐに起きたり,立ったり,歩いたりするのは,このようなことを予防する意味も含まれています.

 

手術後,病院ではリハビリなどで動いていたのに,自宅に帰ってからはあまり動かず,痛みが増えてしまった方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

特に昨今のコロナ禍での状況で,手術した病院の退院日が早まったり,手術後のリハビリを中心に行う病院へ転院できなかった,という声を多く聞く機会がありました.

 

手術後は,手術部の治療を進めながら,全身の筋力の低下や関節が硬くなることを予防しないといけません。

 

だからといって,患部を闇雲に動かせばよいということでもありません.

 

当院では,手術後に痛みを増やさないためにも一人ひとりに寄り添ったリハビリを提供しています.

 

手術すると言うことは,その方にとって大きな決断だと思います.

自分を変えるきっかけとなるほどの重大な事であると思います。

 

重大な選択をしたからには,その後も自分のしたいことができる身体であってほしいと願っています.

 

もし手術後のリハビリを希望し,探している方がいらっしゃれば,当院へお越しください.

 

新しい身体となった自分と向き合い,痛みが長引かない身体を一緒に目指しましょう!!

 

 

=============================

寺田痛みのクリニックでは

病院が監修する医学に基づいたトレーニングジムを開設しています。

 

健康のためにジョギングしたいけど、腰や膝が痛くて走れない方・・・

 

肩の痛みで大好きな水泳やバレーができない方・・・

 

身体の使い方を変えパフォーマンスを上げたいスポーツ選手・・・

 

術後のリハビリをもっと徹底的にやって欲しい方・・・など

 

そのような身体のお悩みをもった方に、

目標にあわせたトレーニングメニューを提供しています。

一人で運動しても、効果が上がらない。

痛みがあって、トレーニングと痛みのケアを一緒にできるところを探している。

そんな方にぴったりのトレーニングジムとなっております。

 

トレーニングは、

1対1の個別トレーニングで総合病院や整形外科での勤務経験や

パーソナルトレーナーとしての経験が豊富な理学療法士が対応します。

 

当院のリハビリを終了された方でも、

さらにステップアップした運動をし、

動ける身体になりたいとやる気のある方は、

パーソナルトレーニングに移行して、身体作りをしています。

 

まずは体験トライアルをメールからお申し込みください。

このブログを見たと言って頂けた方には、

体験トライアル5,500円から1000引きさせていただきます。

 

=============================

TRIAL TRAINING

初回トライアルトレーニング

まずは、初回トライアル(60分 / 5,500円)から始めます。現在のお身体の悩みや、今後の目標をヒアリングさせていただきます。痛みのある方には発生源となる組織を特定し、姿勢や動作を評価して、正しい身体の使い方など総合的に評価していきます。 お客様にはジムの雰囲気や実際のトレーニングをご体験いただいたうえで、ご入会をご検討ください。 不安な点などございましたらお気軽にトレーナーにご質問ください。
初回トライアルお申し込み